今月のイベント

温泉

温泉名人と行く!とにかく景色が良い温泉④

温泉地・別府には海外からも数多くの観光客が訪れる。欧米から来た人たちは特に、美しい自然を見ながら入浴できる温泉を求める人が多いという。別府を隅々まで知り尽くした「温泉名人」たちに、とにかく景色が良いオススメの一湯を紹介してもらった。

まずはおさらい。今回紹介してもらった温泉は…

四季折々の自然に囲まれ湯に浸かる「夢幻の里 春夏秋冬」。

海と一体になったような温泉「潮騒の宿 晴海」。

半露天から別府の町が一望できる「湯けむりの里 東屋」。

ちなみに「別府八湯温泉道」「温泉名人」とは。
別府市内の8つの温泉郷(別府・浜脇・鉄輪・明礬・観海寺・亀川・柴石・堀田)を総称して「別府八湯」という。源泉数は約2300カ所。源泉数と湧出量は共に日本一を誇る。「別府八湯温泉道」は、そのうち約140湯の中の88湯を巡ると、「温泉道名人」に認定される。
専用のパスポート「スパポート」を持って巡る。8湯ごとに段位が上がっていき、記念のタオルと認定状がもらえる。楽しみながら、じっくり温泉の道を極めよう。

景色の良さはもちろん魅力の一つだが、それだけでは語り尽くせないのが別府の奥深さ。さまざまな形態の温泉がある。

まずかなりの数を占めるのがジモ泉。市内には町内会などが管理運営する共同湯が市内に数百カ所、点在している。公民館と一体である場合も多く、地元の人の大切な交流の場。住民はいつでも入浴でき、一般の人も100円程度の低料金で入れる所が多い。

貸間も特徴的。長期滞在型の伝統的な素泊まり宿。自炊用の台所や、地獄釜、風呂場などがある。湯治場である別府にはかつて、農閑期になると、米や野菜を持ち込んで自炊し、数週間滞在する人が多くいたという。

PICK UP POST

ピックアップ