癒やす

神楽女湖花しょうぶ観賞会

鶴見岳社の歌舞女が住んでいたといわれるなど、伝説につつまれた湖、神楽女湖で行われる神楽女湖花しょうぶ観賞会。

約1万5千株の花菖蒲が神秘的な1シーンを演出

鶴見の山々に抱えられた神楽女湖は、平安時代に鶴見岳社の歌舞女が住んでいたといわれるなど、伝説につつまれた湖です。
また80種類、約1万5千株の花菖蒲が湖面を淡い紫色に染め上げ、神秘的な1シーンを演出します。
観賞会当日は、音楽演奏やお茶や神楽女だんごの無料サービスなどを行います。

■ご案内
[会場]
別府市神楽女湖
[観賞期間]
毎年6月上旬〜6月末日頃
[観賞会]
毎年6月中旬〜下旬
[駐車場]
500台収容可能

[問合せ先]
0977-25-3601 (志高湖野営場)
[URL]
http://www.shidakako.server-shared.com/~shidakako/

現在の開花状況:満開すぎ (平成29年7月6日現在)
※写真は満開時の様子



(臨時便停留所)
別府駅西口、ホテル白菊、市役所前、明豊キャンパス前、霊泉寺、堀田、神楽女湖(※主要バス停のみ抜粋)

(時刻表)
別府駅西口発   神楽女湖着
  10:00  ⇒  10:30
  11:15  ⇒  11:45
  12:45  ⇒  13:15
  15:00  ⇒  15:30
  16:20  ⇒  16:50

神楽女湖発   別府駅西口着
  10:40  ⇒  11:10
  12:10  ⇒  12:40
  14:25  ⇒  14:55
  15:45  ⇒  16:15
  17:00  ⇒  17:30

■市内アクセス
車で
・JR別府駅⇒神楽女湖(所要時間:約30分)
・別府IC⇒志高湖方面(所要時間:約20分)

住所
別府市枝郷4382 
TEL
0977-25-3601 (志高湖野営場) 
2016年6月の神楽女湖の様子

PICK UP POST

ピックアップ