食べる

亀家

創業約50 年の和菓子屋さん、「亀家」の「棒きんつば」。サービス精神が込められたきんつばは、手にのせるとずっしりと重みがある名物お菓子です。

亀家 

食べると口の中でも、はっきりと豆の食感が感じられる「棒きんつば」105円

「お客さんのことを考えたら、大きい方がいいでしょう」サービス精神が込められたきんつばは、手にのせるとずっしりと重みがある。創業約50 年の和菓子屋さん、「亀家」の「棒きんつば」はご主人と研究を重ねた名物お菓子。前日から仕込んだ羊羹を生地に浸し、じっくりと焼いていく。鉄板の上のきんつばの立ち姿に個性が見えるのは手焼きの証。

 亀のようにゆっくりと2人でやっていこうね、とご主人が名付けたお店で、昔と変わらず作り続けられる、素朴なお菓子たち。手に取り割ってみると、中からはきらきらした豆が顔を覗かせていた。甘さ控えめのあんこがもっちりした皮に包まれていて、焼きたてのきんつばは、格別な美味しさだった。

昔と変わらず作り続けられる、素朴なお菓子たち。

住所
〒874-0937 大分県別府市秋葉町7−36 
アクセス
別府駅から徒歩10分 
TEL
0977-27-8803 
営業時間
9:00-17:00 定休日: 水曜 

PICK UP POST

ピックアップ