今月のイベント

遊ぶ

夜の海地獄2019~湯気と小鬼と一夜の奇跡~

ラグビーワールドカップをきっかけに、世界中から多くの人が別府へ足を運んでくれている。初めて訪れる皆さんにはぜひ、観光も満喫してほしい。10月20日まで、夜の鉄輪界隈を面白くするイベント「地獄の夜祭 BEPPU HELL’S NIGHT」が開催中。海地獄の「夜の海地獄2019~湯気と小鬼と一夜の奇跡~」は、湯けむりへのプロジェクションやイルミネーションで小鬼の物語を描き出す。怖くて楽しい地獄の旅をちょっとだけご紹介。

期間中は「夜の別府地獄送迎バスツアー」を運行している。JR別府駅に今年オープンしたばかりの観光案内所「ワンダーコンパス」前からバスに乗り込む。

陽気な外国人観光客の皆さんも同じバスで鉄輪へと向かう。辺りはもう真っ暗な19時、スタッフの皆さんのお見送りでいよいよ出発。

30分弱で鉄輪(かまど地獄駐車場)に到着。恐れを知らぬ人々が、次々と海地獄の入り口へ吸い込まれていく。変な形のオブジェ(?)が既に怪しさ満点。

受付で「通行証」をもらい、地獄の入り口へ。物語の主人公は、金棒をもっていないばかりに、自分に自信が持てずにいた小鬼。金棒を探す彼と一緒に旅をして、地獄のあちこちを巡る。

美しく妖しい色合いがなんとも地獄っぽいライティング。おどろおどろしい声がずっと聞こえてくる。おびえる子どもたち。私もあと30歳若かったら泣いていたかもしれません。

湯けむりに映し出される物語。弱々しいこの鬼さんが主人公。

勇気を出していろんな試練を乗り越え、地獄の果てにある金棒を見つけに行く。

夜の足湯は底が見えなくて恐ろしい。地獄の炎にぐつぐつと熱せられた湯から、力をもらう。

いよいよクライマックス。金棒を探し求めた小鬼が、旅を通して本当に手に入れたものとは。

HELL’S NIGHTは、かまど地獄(土曜日のみ)や白池地獄でも開催中。帰りのバス(21時半出発)にはまだまだ時間がある。夜の地獄を心ゆくまで楽しもう。

【夜の海地獄2019】※10月20日まで
時間:19:00~22:00(最終入場21:45)
入館料:大人900円、高校生以下600円
    昼のチケットを持参すると400円で再入場できる
    未就学児無料
荒天中止

【夜の別府地獄送迎ツアー(貸切バスツアー)】
由布院発着ルート
由布院(旧国民宿舎)―鉄輪(かまど地獄駐車場)―別府駅
17:30→18:10→18:25
20:00←19:20←19:00
20:15→20:40→21:00
24:00←23:20←23:00
料金:1000円(小学生以下半額)

別府駅発着ルート
別府駅―地獄駐車場
19:00→19:25
21:50←21:30
料金:500円(小学生以下半額)

PICK UP POST

ピックアップ