今月のイベント

観る

真壁刀義選手おもてなしリベンジマッチ K村緊急参戦

前回、K籐の暴走により真壁刀義選手を怒らせてしまうという大失態を犯してしまった極楽地獄取材班

そこで今回、真壁選手に喜んでいただくために、リベンジとして極楽地獄を代表して一人の男が立ち上がった。

その男とは、東南アジア系の顔立ちだが、紛れもない日本人で、空手の経験もあり、極楽地獄チーム一のおもてなし精神の持ち主である。そして、その名を「K村」と呼ぶ。

そのK村が、前回のK籐の汚名をすすぐべく、おもてなしの場として選んだのが、ただ今、開催中(10月20日まで)のイベント「地獄の夜祭(ベップヘルズナイト)」の「地獄の生き物展」会場である。
K村によると期間限定の「地獄のスイーツ」があるとのこと。スイーツ好きで知られる真壁選手に喜んでいただけそうである。

「地獄の夜祭(ベップヘルズナイト)」の地獄の生き物展 →http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/jigokunokannawa

「とっておきのスイーツは、こちらでございます」
早速、地獄の生き物展会場へと真壁選手を誘導するK村。
真壁選手からも、やわらかい物腰で好感を持たれている印象だ。さすがおもてなしのK村である。

地獄の生き物展の会場内に入るとおばけ屋敷のような独特の雰囲気に眉をひそめる真壁選手。怪しげな階段を登り、展示会場1へとたどり着いた。

そこには、ゴキブリやタランチュラなど世界中の気持ち悪い生き物が数多く展示されていた。
「気持ち悪っ!」
リング上では、見ることができない真壁選手の引いた表情を見ることができた。

さらに、展示会場2、3と立て続けに気持ち悪い生き物を見ていく。
すると気持ち悪さからか、痺れを切らした真壁選手から
「とっておきのスイーツはまだか!」
との催促の声に、動じることなくさわやかにK村が返した。
「もう間もなくでございます」

展示生物の見学を終えると目の前に幻想的な風景が現れた。赤・緑・青・黄色などBGMに連動し様々な表情を見せる白池地獄。その綺麗な景色に先程までイライラしていた真壁選手の気持ちも癒え、池を見つめている。
「いいねぇ」
真壁選手の機嫌も直り、胸をなで下ろす極楽地獄取材班。

「それでは、いよいよとっておきのスイーツをお持ちいたします」
真壁選手を特別室へと案内し、K村が、可愛くラッピングされたスイーツを真壁選手のもとへと運んでいく。

「地獄の生き物展オリジナルの地獄のスイーツでございます」
スイーツの内容は、我々取材班にもを知らされていない。おもてなし王のK村が用意したスイーツとは一体何なのだろうか。

「うわっ!! なんだこりゃ!」
奇声を上げる真壁選手に対し、冷静にK村が答える。
「コオロギでございます」

「バカヤロー」
一気に沸点に達した真壁選手はK村を締め上げる。その場を収めようとひたすら平謝りする我々極楽地獄取材班。現場は騒然となり、真壁選手は帰っていってしまい今回の企画は終了となった。

真壁選手も出場予定の新日本プロレス大分大会の情報はコチラ

PICK UP POST

ピックアップ