温泉

温泉道名人め・ざ・そ♡ vol.1

日本中、そして世界中の人々が温泉を好きになれば別府は日本一、いや世界一の観光都市になることができるはずだ!なぜなら温泉を突き詰めていくと最後には必ず別府にたどり着くからである(たどり着くはず)。世界のどこをみても別府ほど多種多様な泉質を持っている地域はないからだ(ないはず)。すなわち町自体が温泉博物館なのだ!温泉を知れば知るほど別府を好きになるのは必然なのだ!


出典:youtube

温泉ハイスタンダード!!!極楽地獄別府!!!
別府温泉世界一イィィーーー!(ハァハァ・・・少し力が入りすぎた・・・)

勝手に公式で表すとこうだ!
別府にどっぷり度Level1(草津も熱海もいいよね) 
温泉×知る=別府 
別府にどっぷり度Level2(温泉は別府だな)
別府×別府への訪問回数=別府好き
別府にどっぷり度Level3(重症、手遅れ)
別府好き→√(進化)→別府マニア ※√に意味はない。雰囲気だ。
別府にどっぷり度Level4(もう別府の人)
別府マニア×s(時間)=荷物をまとめ始める
荷物まとまった×m(距離)×w(仕事)=別府に移住←極楽地獄別府としてはココを目指すのだ!

スパポートはJR別府駅の観光案内所や別府市役所内の観光協会で買える
GJBG もえちゃん

温泉を知り、別府を好きになるきっかけとなるイベントが行われている。それが今回の企画テーマである温泉道名人だ。専用のスタンプ冊子「スパポート(パスポートではない)」を100円で購入し、別府市内にある約100ヶ所の温泉施設の中から88ヶ所の温泉を巡る。各施設に設置してあるスタンプを押し、スパポートを埋めていくと温泉道名人に認定されるというイベントである。最初は興味本位で始める方も多いが、温泉を巡るうちに温泉に対する知識が高まっていく、そして温泉をどんどん好きになっていくのである。最終的には中毒になり、温泉に入らないと禁断症状が出てくる。しかし!体はなぜかすこぶる元気なのだ!

さて今回から始まる「温泉道名人め・ざ・そ♡」企画だが、ただ温泉を紹介するだけでは魅力が伝わらない。ページを見ている方々に楽しんでもらわなくては・・・、そこで小生は、GJBG(極楽地獄別府ガールズ)の入浴シーンを発信することでアクセスが2倍、いや3倍(ザクとは違うのだよ、ザクとは)増えるのだ!と熱弁を振るい、今回の企画コンペを通したのである!
決してよこしまな気持ちはない(本当だ)、ただ取材日が近づくにつれ、ドキドキ、高揚感が高まっていく。しかし、取材前日になってもスケジュールがまわってこない。
まっ、みんな忙しいからな・・・
取材当日連絡が無い・・・ここでやっと気付いた・・・
小生は取材チームから外されていたのだと・・・
のちに同行スタッフ(女性)の取材メモを元に原稿を書け!との指示が・・・
これは苦行だ・・・苦行を申し渡されたのだ!
ひどいわっ!ひどすぎるわっ!一緒に行きたかった・・・
小生の悔し涙と共に温泉を紹介する。
(せめて写真で楽しもうっと・・・)

温泉道名人め・ざ・そ♡ 1湯目 

夢幻の里 春夏秋冬(むげんのさと しゅんかしゅうとう)
(硫黄泉)

住所
別府市堀田6組 
TEL
0977-25-1126 
営業時間
10:00~20:00 冬季(12月~3月)10:00~18:00 
料金
大浴場 (大人)700円(小人/小学生まで)300円
貸切湯 (60分)1室4名様まで 2,500円~ 

緑豊かな自然の中で良質な温泉をじっくり楽しめる場所「夢幻の里 春夏秋冬」。日光に触れることで青白く変色する硫黄を含んだ名湯。肌をやさしく包むようなお湯と四季を感じる風情で県外からのお客さんも多い。その中でも今回の取材でお邪魔した貸切湯「滝の湯」は滝の景観と温泉を同時に堪能できる贅沢で特別な空間だ。
小生も取材に同行していたならば、もえちゃんと混浴を楽しめたかもしれない・・・
「恋が芽生える♪そんな予感♪」
カップルで是非、訪れてほしい。

趣のある建物 場所が少しわかりづらいので気をつけて

メタケイ酸たっぷり乳白色の湯

おおっと!早速サービスカット!

170㎝あるらしい・・・スタイル抜群!(おやじくさいコメント)

きちんと掛け湯♪

湯船の向こうには天然の滝が!

取材同行したかった・・・

きれいな川のほとりにある 左下に見える地獄釜では地獄蒸しも楽しめる

女将さんにスタンプを押してもらう

ひとつめ!うれしそうなもえちゃん♪笑顔がかわいいな~

温泉道名人め・ざ・そ♡ 2湯目 

地獄原温泉(じごくばるおんせん)
(塩化物泉)

住所
別府市鉄輪東6組 
営業時間
6:30~21:00 
料金
100円 

湯けむり立ちのぼる別府を代表する温泉郷「鉄輪(かんなわ)」のメインストリート「いでゆ坂」沿いにある地獄原温泉。風情ある建物で観光客や湯治客だけでなく、地元の住人も日常的に入浴している。鉄輪の温泉らしくメタケイ酸が飛び抜けて多く、極上の美人湯といえる。もちろん風呂上りのお肌ツルツル感も最高レベルだ。
小生を取材に呼んでくれれば、このような女子が喜ぶ温泉豆知識もたっぷりあるのに・・・
入浴中のポーズなども丁寧に指導したのに・・・
(もうウエストのひねりが甘いんだよ・・・ちっ!)
あわよくば仲良くなれたかもしれないのに・・・
※メタケイ酸とは・・・温泉に含まれる天然の保湿成分。肌をしっとりとさせ、美肌効果を高める。学術的には珪素・酸素・水素の化合物らしい・・・Wikipediaより

石畳の間から温泉の湯気が立ちのぼる

上には吹き抜けがあったんや・・・

おお~また来た!

この看板、何かいい!

きちんと掛け湯♪

熱くないかな?小生が同行してれば・・・先に確かめるのにorz

アクセス上がった!絶対上がった!

気持ちいいらしいですぞっ!
※特別な許可を得てバスタオルを巻いて入浴しています。


出典:youtube

温泉道名人め・ざ・そ♡ 3湯目 

別府海浜砂湯(べっぷかいひんすなゆ)
(塩化物泉)

住所
別府市上人ヶ浜町9 
TEL
0977-66-5737 
営業時間
8:30~18:00(最終受付17:00) (12月~2月)9:00~17:00(最終受付16:00) 
料金
1,030円 

国内の観光客だけでなく外国からの観光客も多く訪れる別府海浜砂湯。海辺のビーチに位置する砂湯は、海を見渡す爽快な開放感と潮の香りで南国気分を満喫できる。温泉の熱により温まった砂に包まれると体の芯から温まり、血流が良くなる感じを受ける。砂の重みも心地よく、指圧効果もある。上がった後は汗が止まらない、家風呂の3倍は汗が出る(小生はアラフォー、ガンダムはファースト世代なのだ)
もえちゃんと一緒に砂に埋まり、得意の軽快なポケモントークでもえちゃんとお近づきになりたかった・・・ボールを投げたかった・・・。記事を書きながら熱いものが頬を伝うのを感じた・・・(別府スパビーチには結構モンスターいるよん♪)

海浜砂湯に到着~

なんじゃこりゃ~!シュールでいいですな~

専用の浴衣に着替えて、砂湯に

手慣れた手つきであっという間に砂に埋まる

あったか~い・・・気持ちいい~・・・だってっ!

いや~ん♪汗びっしょり♪そう!それが砂湯の効果なのだよ(キリッ)

これはマニア向けのカットだろ?そうだろ?女性スタッフ わかっているではないか

砂かけマイスターのももやまさん マイスターですよ!

スタンプGETでにっこりのもえちゃん 同行したかった・・・

次回もお楽しみに♪ くっ・・・くそっ!かわいいぞ・・・

PICK UP POST

ピックアップ