今月のイベント

遊ぶ

ツーリズム別府大使・脇あかりさんが再び降臨!志高湖マラソン&初・体・験ツアーを敢行!!

前回の血の池地獄に続き、今回は「第31回別府湯けむり健康マラソン大会」のPRをお願いしようと、我々はツーリズム別府大使・脇あかりさんの召還を試みた。そして心優しき女神・脇あかりさんは再び別府の地に舞い降りたのだ。ぎょわーーーーーーーー!マジかわええ!最高!!

志高湖 

颯爽に湖畔を走る脇あかりさん。彼女の通った後は花の香りがするだとか、蝶々が後をついてくるだとか、つぼみの花がぱっと開くだとか……。そんな伝説が生まれそうだ。

普段は東京パフォーマンスドールというアイドルグループ内で、ボーイッシュキャラだという彼女。「いつもは水色とか緑の服が多いけど今日はひとりなので、かわいくピンクにしてみました!」と嬉しそう。

 

別府市出身の彼女は、帰省のたびに志高湖を訪れるという志高湖マニアでもある。小学生のころから、家族連れで頻繁に遊びに来ていたという。

「別府で一番好きな場所」
「実家に帰ってきて、どこ行きたい?って聞かれたら即、志高湖って答えるくらい好き」
と、あふれる志高湖愛を連発。そこまで惚れ込む理由は鯉に会えるかららしい。

 

そういえば!前回「血の池地獄」に行ったときにも、やたら鯉に食いついていた!!
このまま鯉になって、あかりさんの来る日を待ち侘びながら志高湖を優雅に泳ぐ生活も悪くないかもしれない……。

これはもう、第31回別府湯けむり健康マラソン大会の応援大使は、脇あかりさんにお願いするしかない!!?

せっかくなので、貸しボートにも挑戦。くじら型のボートで、いざ志高湖クルージング!!

 

隣に座りたいなんて贅沢は言わない、ボートになりたいボートに。

ボートの中の手すりでもOK!

 

ボートを下りると、売店でソフトクリームを購入。期間限定の「はっさくソフト(350円)」をペロリ頬張る。

「はじめて食べる味。おいしい♡」
ご満悦の様子だ。満足げな彼女の笑顔に、スタッフ一同の心はソフトクリームより早く溶けてしまった。もうメロッメロ~♡♡♡

 
住所
〒874-0805 別府市大字別府字志高4380番地 
TEL
0977-25-3601(志高湖管理事務所) FAX:0977-25-3602 

路線バスで志高湖に行くには 

JR別府駅志高湖

別府駅西口から行先番号36番、37番で「鳥居」バス停下車(470円)
下車後徒歩10分

問い合わせ先
亀の井バス 別府営業所 0977-23-0141
http://www.kamenoibus.com/

別府海浜砂湯 

ランニングで疲れた体を癒すべく向かったのは「別府海浜砂湯」。ここは別府の観光名所のひとつで、国内外問わず多くのお客さんで賑わっている。

「昔、別府海浜砂湯の隣にある上人ヶ浜公園に遠足で行ったことはありますが、入ったことありません。でも、この看板はよく覚えてます!」と脇あかりさん。

 

彼女の人生初体験にご一緒できるなんて、感無量!専用の浴衣に着替えて、いざ砂湯初体験だ!!

寝っ転がるやいなや、ガンガン砂をかけられていく。「意外と重いです!」との声が漏れた。

 

しばらくすると、「すごいあったかい!」「ヤバイ!動けないっ!!」という感想が。

こればっかりは、埋もれてみないとわからない。

 

かなりレア!アイドル生き埋めの図。

別府湾を臨むロケーションで、このまま20分ほど放置である。

 

砂から顔を出してるだけでこの可愛さ。罪作りすぎる、けしからーーーーん!!

時間となったので、砂かけ姉さんの指示で両手をぐりぐり動かすあかりさん。だんだんと砂がはがれ落ちて腕がにょきっと動き出す様子が、ちょっとしたホラー?

ガバっと起き上がり、そのままお風呂へGO!砂を洗い流し、着替えて終了となった。

じんわりとあたたかく心地よい砂湯に、身も心もほぐされた脇あかりさん。貴重な初体験とレア画像の連発、お疲れさまでした&ありがとうございましたっ!

 
 
住所
〒874-0023 別府市上人ヶ浜 
TEL
0977-66-5737
※市営の別府海浜砂湯では、電話、ネットからの予約を含む一切の予約を受け付けておりませんので、あらかじめご了承下さい。直接、施設受付にお越し下さい。 
営業時間
【3月~11月】8:30~18:00(最終受付17:00)
【12月~2月】9:00~17:00(最終受付16:00)
※混雑の状況等により、最終受付時刻が早まる場合があります。
※砂湯のご利用について、浴槽の準備や混雑の状況により、お待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。(最大12名同時利用可能)
休館日:毎月第4水曜日(祝日の場合は翌日) 
料金
入浴料:1,030円 

路線バスで別府海浜砂湯に行くには 

JR別府駅別府海浜砂湯

別府駅~行先番号20番、26番で「六勝園・別府海浜砂湯前」バス停下車(240円)
下車後徒歩3分

問い合わせ先
亀の井バス 別府営業所 0977-23-0141
http://www.kamenoibus.com/

とよ吉 

ここらで休憩しましょうか!ということで、やってきたのは別府大学駅にほど近い「とよ吉」。新鮮な魚料理やてんぷらが人気のお店だ。

“限定10食!”という言葉に惹かれて、「りゅうきゅう丼」をオーダーした脇あかりさん。

「りゅうきゅう」とは、新鮮な刺身をぶつ切りにし、しょうゆ・ゴマ・ネギなどと和えて食べる大分県の名物料理。しょうゆは九州独特の少し甘いしょうゆを使うことが多い。

彼女は実家でよく食べたらしく、「りゅうきゅうは外で食べるよりも家で食べる料理というイメージ」だそうだ。

 

運ばれてきたりゅうきゅうには、温泉たまごが乗っている!
「りゅうきゅう丼にたまごって珍しいですね。はじめてかもーー!!」
と興奮気味。

ひとくち食べるなり、この表情。「お・い・し・い!!!!!!」とパクパク頬張る姿に、スタッフ一同再びとろけた。うんうん、おいしくてよかったね。嬉しいね!

 

ちなみにお酒はビールより日本酒派という彼女、スタッフがオーダーした大分名物の「とり天」もひとくち。

「いっただきまーーーす!」

 

あーん、パクっと食べてひとこと「サクサクしてておいしーーーーー!」との声。そうだねそうだね、おいしいねぇ。おいしそうに食べる美女、最高だねぇ。

 
住所
大分県別府市上人本町1-13 別府大学駅側 
TEL
0977-75-9191 
営業時間
昼 11:30~14:00(OS/13:30)
夜 17:30~22:00(OS/21:00)
定休日:水曜日 

そんなワケで、「志高湖でランニング→海浜砂湯でゆっくり→とよ吉でごはん」という黄金コースは幕を閉じた。

「まだちょっと時間あるから、鉄輪の方にいってきまーす!」と元気に去っていった脇あかりさんを見送りながら、次はどんな手を使って女神に降臨いただくか、議論を始めるスタッフ一同。はやくも“あかりロス”の禁断症状が出始めている。

脇あかり女神さま、絶対にまた来てくれよな、マジでっっ!!!!!

※当日、脇あかりの来場予定はありませんので予めご了承ください。
※掲載の内容は取材時平成30年5月現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので予めご了承下さい。

第31回別府湯けむり健康マラソン大会

開催日

平成30年10月14日(日曜日)
雨天決行 荒天中止 ※大会開催の可否は当日朝7:00までにホームページ、Facebookにて発表いたします。

なお、可否の発表後も変更になる場合があります。

申込書締切 平成30年9月12日(水曜日)必着
開催場所 別府市志高湖、神楽女湖周辺
コース のびのびコース(4㎞)小学生以上(男子/女子) 10:30スタート
いだてんコース(16㎞)一般・シニア(男子/女子) 11:00スタート
いきいきコース(8㎞)中学生以上(男子/女子) 11:05スタート
(50歳以上の方はシニアカテゴリに参加できます。また、一般での参加も可能です。)
当日スケジュール 受付:8:00~9:20
開会式:9:30~
閉会宣言:14:00頃予定
参加料金 一般 3,500円  小・中・高校生 1,500円
※いずれも、スポーツ飲料・参加賞付。損害保険料を含む。受付後はいかなる場合にも返金いたしません。
参加申込書方法 インターネットサイト
ランネット https://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=192153&div=1

申込書設置場所
別府市役所各支所 / 大分合同新聞社別府支社 / 大分県、福岡県、熊本県、宮崎県内 有名スポーツ店 / 大分県内スポーツ施設
 
お問合せ 運営事務局
株式会社プランニング大分別府営業部 TEL0977-21-6161 FAX0977-21-6162 E-mail:yukemuri@planning-oita.jp
申込書が必要な方はE-mailにて連絡ください。運営事務局よりお送りさせていただきます。

PICK UP POST

ピックアップ