買う

特産品

温泉の噴気を利用した地獄釜料理や地元の人に愛される独特なメニュー、工芸品など別府自慢の特産品をご紹介します。


出典:youtube

地獄釜料理

温泉の噴気を利用して海、山の幸を蒸し上げて食べる別府独特の料理方法で高温の蒸気で一気に蒸し上げるため食べ物の素材本来の味が引き出され美味しく食べることができる

ふぐ料理

うす引きの華が咲いたようなお造りにして、食卓に並ぶ豊後水道でとれたふぐを大分特産のカボスでとともに味わう別府のふぐ料理は絶品

だんご汁

塩を入れた小麦粉を練り上げ薄く延ばしただんごを、食材のたくさん入った味噌仕立ての汁に入れて食べる料理。

ざぼん漬け

ミカン類の中では最も大きな実をつけるざぼんの皮を茹で、流水でさらした後に砂糖、水飴で煮たもの

鉄輪焼酎

鉄輪に住む人々のアイディアにより生まれた本格的麦焼酎

竹工芸品

製品を作るのに全てが手作業で行われ、その製品は伝統文化の美しさを備え、テ-ブルウエアなどの台所用品から美術工芸品まで幅広く愛用される別府の代表的な工芸品

湯の花

地下から噴出する温泉の成分を結晶化させた純粋な入浴剤

花き

花きとは観賞用に栽培する植物です。別府では温泉熱を利用してさまざまな花きが栽培されています。クリーンな温泉熱を使用することにより、環境への悪影響がありません。
キク、バラ、トルコギキョウ、シクラメン、カーネーション等季節を彩る花々が一年を通して栽培されています。

つげ細工

細工に使用するものでは最高とされる黄楊の木を材料にした工芸品で使うほどに味が出るといわれている

藍胎漆器

竹で編み上げた器などに漆を塗り重ね装飾を施したもの

とり天

大分県を代表する郷土料理「とり天」。昭和初期、別府の老舗レストランで一人の料理人が日本人の味覚に合う鳥料理に一つとして開発したのが最初と言われている。それが別府市全域へ、そして今や大分県を代表する郷土料理として愛されている。また、別府市ではとり天発祥の地であることを活かして「別府とり天」として、観光客の方々に別府でとり天を食べていただく、キャンペーンを食観光の柱のひとつとして、推進しています。

別府冷麺

別府市で昔から親しまれている別府冷麺。昭和25年頃、中国東北部(旧満州)から引き揚げてきた料理人が、別府の地で日本人の口に合うようにアレンジしたものが始まりであると言われている。
麺の太さやトッピング具材など各店舗でアレンジされ、冷麺専門店のほか、焼肉店、ラーメン店、食堂など、別府では様々なお店で冷麺を食べることができる。

椎茸

全国一の生産量を誇り、栄養価も高く風味豊かな山の幸の逸品


PICK UP POST

ピックアップ